21世紀美術館近くのおすすめカフェ 和も洋も楽しめる老舗パティスリーオフク

兼六園や21世紀美術館、

21世紀美術館の周りには

観光施設がたくさん!

駆けずり回る方もたくさんなのでは?

ひと通り見て楽しんだら

ちょっと一休みした~い!

やっぱり金沢にしかないお店で

ティータイムも楽しみたいですよね!

21世紀美術館のすぐ近くに

おすすめカフェがありますよ!

スポンサーリンク

「PATISSERIE OFUKU」
 パティスリーオフク

O・FU・KU オフク?

オフクってなんじゃ?

実は昔は「お婦久軒(おふくけん)」と言う

和菓子屋さんだったのです。

1919年創業の老舗の和菓子店「お婦久軒」が、

4代目でパティスリーになったお店。

4代目のご主人は「マンダリンオリエンタル東京」で

スーシェフを勤めた経歴ある方。

老舗和菓子屋の息子さんが洋菓子を学んで

華麗にリニューアル。

現在は洋菓子がメインですが、

昔から地元っ子に愛されている定番和菓子も

提供している

和洋折衷、温故知新なカフェなんです。

金沢市役所から21世紀美術館に向かう途中に

コンクリート打ちっぱなしのモダンな建物です。

「OFUKU」とガラスに。

てんとう虫の看板が目印。

1階はショーケース。

お持ち帰りもこちらで。

どれにしようか悩む~。

華やかなショーケースの中には

うっかり見落としてしまいそうになるけど、

上生菓子や

ショーケースの上には和菓子もあるんですよ。

そば饅頭・大福・ゆず餅に六方焼き・あんドーナツ。

洋菓子、和菓子どちらも楽しめるお店なんです。

2階はイートインスペースになっていて

21世紀美術館にミュージアムショップの

買い物袋を持った方もちらほら。

夏限定でフルーツを使用したかき氷もあります。

かき氷のシロップはその日の分を午前中に作っているそうなので

途中で品切になる場合も!

ドリンクメニューです。

コーヒー・紅茶はもちろん、

和菓子にも合う加賀棒茶もありますよ。

加賀棒茶ってなにかって?

通常のほうじ茶は茶葉ですが、

新茶のを浅く焙じて作っているのが加賀棒茶。

の部分から作られているお茶です。

芳ばしい香りですよ!

加賀棒茶は金沢土産としても人気です。

スポンサーリンク

ケーキもいいが和菓子もいい♥

華やかなケーキに目を奪われてしまいますが、

昔からの和菓子も美味い☆

特にあんどーなつは

「お婦久軒」時代からの人気商品です。

あんドーナツ(5コ入り680円)

夕方には売り切れになることも。

あんドーナツの中はあんこたっぷり!

いちごふくさ

苺の季節に販売される苺ふくさ

こちらも「お婦久軒」時代からある商品です。

「ふくさ」も金沢では馴染みの和菓子なんですが、

全国的ではないようで知らない方も多いみたい。

ホットケーキに似たような

どら焼きの皮に似たような

それでいてホットケーキや

どら焼きの皮よりもしっとりなめらか、

ふっくらした皮の中に粒あんが

包まれている和菓子なんですが、

お店によって皮のしっとり具合が違ってきます。

最近では生地作りに手間がかかり

あまり作られなくなってしまったそうです。

よくあるデパートの催事モノ「金沢物産展」では

「ふくさ」コーナーに行列ができていました。

お婦久軒のいちごふくさは

一般的なふくさをアレンジしてて

生クリーム+あんこ+苺って

どーなの?って思ったけど、

思惑を裏切る美味しさ!

この絶妙な組み合わせがなんとも言えない!

ふわふわしっとりで

口の中で溶けてしまうような食感は

1個では物足りずおかわりしたくなります。

春の季節にはぜひとも、

ご賞味いただきたい一押し商品です。

日持ちはしませんが

おかわり用に多めに買っておくことも念押しします。

ここだけ

老舗の商品だと、駅のお土産コーナーや

百貨店のお土産コーナーで大体の商品が

買えるんですが、

パティスリーオフクはどこにも卸していなくて

この店舗でしか食べれない・買えないんです。

なので、気になった方はぜひ、

こちらの店舗でご賞味あれ♪

結論。

「ケーキも美味いが

  和菓子も美味い♥」

パティスリーオフク店舗情報

所在地:石川県金沢市広坂1-2-13

TEL:076-231-6748

新店舗開業のため2019年10月中旬まで

休業中です。

予約も可能です。

営業時間 10:00~18:00

定休日   月曜日定休・隔週火曜日

席 数  14席

完全禁煙

兼六園やしいのき迎賓館からも近く 21世紀美術館から徒歩5分と 観光スポット周辺からアクセスもよく 金沢ミシュラン2つ星の 「料亭 杉の井 穂濤」さんが手掛ける 地元の人にも観光客からも人気のカフェ。 和のスイーツを落ち着いて食べたい方に おすすめのカフェです。
兼六園からも近く 21世紀美術館・金沢市役所の隣にある 創業230年を超える 金沢漆器の製造販売店「能作」。 漆食器のお店に...
正面がなく円型の21世紀美術館。 四つある入り口のどこからでも自由に通り抜けできる 開放的なつくりで「まちに開かれた公園のような美術館」を コンセプトに市民に親しまれている。 全国でも屈指の入館者数を誇る現代アートの美術館だけど、 堅苦しいことは一切なく、誰でも作品に直接触れて楽しむことが できると人気です。
地元では「まるびい」の愛称で親しまれている21世紀美術館。 21世紀美術館は北陸新幹線が開業してからは混雑が著しくなりました。 年間200万人が訪れ、多い時では1日1万人を超える来館者で、 列が長くて諦めたという声も聞きます。 せっかくの金沢観光でぜひとも見ておきたいスポットなので 諦めずに全国でも指折りの現代アートの空間を楽しんでいって ほしいものです。 そこで21世紀美術館の混雑を回避するためのコツを紹介します。
兼六園すぐ下、 21世紀美術館にも通りに 面したところにある石浦神社は 金沢最古の宮として、 三輪神社を号した神社。 古いけど新しい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする