瀬戸内国際芸術祭の巡り方攻略方法!アクセスや鑑賞パスポートはいる?フェリーはどうする?

瀬戸内海に浮かぶ「12の島」と「2つの港」で、 3年に1度開かれる現代アートの祭典 瀬戸内国際芸術祭2019。 206作品を公開し、延べ約104万人が訪れ 県内外からはもちろん外国の方も多くの人が集まり 延べ約104万人が訪れるイベントです。 12の島めぐりや作品の多さから 1、2日では廻りきれないです! しかも、会場は「島」なので、 主な移動手段は船で、 移動時間も考慮する必要があります。 どういう巡り方をするのがいいか アクセスやコースを計画するのは 結構大変だったので、 私が駆使した方法をまとめました!

星の温泉 トンボの湯の料金や営業時間、サービス、駐車場、割引クーポンについて

星の温泉の開湯は大正4年と歴史が古く、 北原白秋や与謝野晶子もこの温泉に浸かったと言われています。 軽井沢で遊んで歩き回った体を癒せるのも うれしいですね。 星の温泉「トンボの湯」の営業時間や駐車場案内やサービスに 割引クーポンについてまとめました。

軽井沢高原教会サマーキャンドルナイトのイベントは?駐車場やアクセス事情 混雑は?

大正時代より時を積み重ねてきた 北原白秋、島崎藤村ら 当時を代表する文化人が集い 熱く語り合った 軽井沢高原教会。 軽井沢を訪れた宣教師たちのランタンの灯りで 街を照らした風習を受け継ぎ ランタンのあたたかな光が 軽井沢高原教会を灯す人気のイベントですが 避暑地で夏はもの凄く人が多い軽井沢。 軽井沢高原教会サマーキャンドルナイトの イベントや混雑具合、駐車場事情や 穴場情報などご紹介しますので、 サマーキャンドルナイトに行く予定の方は 参考になさってくださいね。

北國花火 金沢大会の穴場スポットはここ!

金沢市の中心を流れる川「犀川」の川沿い、 犀川緑地の石川県営まめだ簡易グラウンドで 開催される花火大会。 数年前から北陸中日新聞の花火大会がなくなって 金沢市で開催される花火大会が 北國新聞花火大会のみ年に1回になってしまい、 北國新聞花火大会が貴重な花火イベントに なってしまいましたね。 1万2千発の花火が打ち上げられ フィナーレは1000連発の乱れ打ちは必見ですが、 犀川沿いはまめだ簡易グラウンドはもちろん 上流の方も人がいっぱい! そこで穴場な場所を紹介しますね。