瀬戸内国際芸術祭の巡り方攻略方法!アクセスや鑑賞パスポートはいる?フェリーはどうする?

瀬戸内海に浮かぶ「12の島」と「2つの港」で、

3年に1度開かれる現代アートの祭典

瀬戸内国際芸術祭2019。

206作品を公開し、県内外からはもちろん

外国の方も多くの人が集まり

延べ約104万人が訪れるイベントです。

12の島めぐりや作品の多さから

1、2日では廻りきれないです!

しかも、会場は「島」なので、

主な移動手段は船で、

移動時間も考慮する必要があります。

どういう巡り方をするのがいいか

アクセスやコースを計画するのは

結構大変だったので、

私が駆使した方法をまとめました!

スポンサーリンク

瀬戸内国際芸術祭

芸術祭の開催時期について

開催時期は「春」「夏」「秋」と3シーズンに分かれています。

春:4月26日~5月26日  31日間
夏:7月19日~8月25日  38日間
秋:9月28日~11月4日  38日間

島ごとで開催時期が異なる島があるので注意

芸術祭の開催場所

全 期:直島、豊島、女木島、男木島、
    小豆島、大島、犬島
    高松港・宇野港周辺

春のみ:沙弥島

秋のみ:本島、高見島、粟島、伊吹島

瀬戸内国際芸術祭の見たい場所を探す

12の島に206作品あるので限られた観光時間で

見たい場所・鑑賞したい作品を厳選しなけければいけません。

これ1番難儀な仕事。

フェリーでの移動になるので、

終電ならぬ終フェリーも時間も

考慮しないと大変なことになります。

まずは公式ガイドブックで予習しました。

瀬戸内国際芸術祭ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭ガイドブックでは

作品の写真や説明
島へのアクセス方法
食事場所の情報
フェリーや高速船・巡回バスの時間帯

などお役立ち情報が書かれているので

計画するのに便利でした!

レンタカー・レンタサイクル情報も載っていますよ

定価 1,200円(税込)で
Amazonでも購入できます。

いろいろ書かれているので

公式ガイドブックかなりのボリュームです。


286ページありました!

会場の案内所に「公式ガイドブック」を持参すれば、

秋会期版の冊子を無料で配布してくれるという特典もあります!

「公式ガイドブック」はかさばるし、

なんとかしてくれっ!って思う方や

デジタル派の方にはアプリもあります。

公式アプリを活用

iPhone版 

Android版 

両方配信されています。

入手方法
●瀬戸内国際芸術祭公式ウェブサイト内

「巡る」→「公式サイト」からダウンロード

●Playストアの検索欄に「瀬戸内国際芸術祭」と

入力するとアプリが見つかります。

アプリ内でも

・マップ
作品の情報やレンタサイクルやレストラン、
案内所など知ることができます。

・経路検索
船、バス、徒歩での移動経路や
移動時間、運賃など知ることができます。

・プラン
瀬戸内国際芸術祭のモデルプランが見れます。

・最新情報
船の運航情報、一部作品・施設の混雑具合がわかります。

 

旅先で重い公式ガイドブックを持ち歩くのは

かなり大変なので

島観光の時はアプリを活用すると

アクセスや時刻表を検索できるし、

荷物も減りますね!

ガラケーでアプリのインストールできない!っていう

アナログ派も心配しなくて大丈夫ですよ~!

港のそばにインフォメーションセンター

観光案内所があり、

そこに無料の小冊子が置いてあって、

島ごとの案内ガイドブックが手に入ります!

これを持ち歩いてたので、ヨレヨレに・・・。

私はアプリのインストールはできたのに、

起動するとフリーズして使えなかったので、

小冊子すご~くありがたかったです!

スポンサーリンク

瀬戸内国際芸術祭 作品鑑賞パスポート

作品鑑賞パスポートは必要?

特に直島では作品がたくさん、見どころがいっぱいなので

直島すべての作品を見るとなると

観賞代5000円はかかってしまう。

他の島の鑑賞代も加算するとかなりの出費に

なるんです!

いくつもの作品を鑑賞したい!という人には、

パスポートチケットを購入した方がお得です。

なので

作品鑑賞パスポート必須です!

作品鑑賞パスポートも期間別で2種類あります。

3シーズンパスポート
2会期以上楽しむなら、3シーズンパスポートがお得!

すべての会期で使用できます。

販売期間
2018年11月8日~2019年11月4日

料 金
●一般 
4,800円(前売り3,800円)
●16~18歳
3,000円 
当日現地販売のみ(要身分証)
●15歳以下
鑑賞無料(一部作品、施設を除く)

1シーズンパスポート
1シーズンのみ利用でき、

春用・夏用・秋用があります。

販売期間
春 2019年4月26日~5月26日
夏 2019年5月27日~8月25日
秋 2019年8月26日~11月4日

料 金
●一般
4,000円
●16~18歳
2,500円 当日現地販売のみ(要身分証)
●15歳以下
鑑賞無料 (一部作品、施設を除く)

作品鑑賞パスポートの購入特典

●有料イベントが割引価格に
●香川県・岡山県の文化施設や飲食店等の対象施設で割引
●高松港公式ショップ、直島宮浦港公式ショップでお買い物が割引に
●高松港の専用駐車場を無料で利用できる

作品鑑賞パスポート注意事項

作品鑑賞パスポートを持っていても、

別途鑑賞料が必要なスポットがあります。

地中美術館・豊島美術館・檸檬ホテルなどです。

こちらをメインで鑑賞、

その他の場所を見学するのは少なめ

という方は鑑賞パスポートの購入は

割高になってしまいます。

入館料・鑑賞料が300円~500円と

低価格なところが多いので

見てみたいスポット候補が決まったら

入館料・鑑賞料の合計金額を算出して

確認してみた方がいいです。

作品鑑賞パスポート購入方法について

瀬戸内国際芸術祭会場で購入します

オンラインやコンビニ・各種プレイガイドなどでの購入は

引換券の販売です。

引換券は高松港総合案内所・宇野港案内所、

各島の案内所にて引換券または

電子チケットの購入画面を

スタッフに提示して

作品鑑賞パスポートと交換します。

コンビニやプレイガイドや旅行代理店などで購入できます。

 icon-external-link セブンチケット

 icon-external-link ファミマ

 icon-external-link イープラス

 icon-external-link チケットぴあ

株式会社近畿日本ツーリスト ・琴平バス株式会社・

株式会社JTB ・東武トップツアーズ株式会社 ・

株式会社日本旅行・名鉄観光サービス株式会社

両備ツアーズなど旅行代理店でも取り扱っています。

パスポートはスタンプ帳にも。

作品のそばにハンコがあって、作品番号と照らし合わせて
ポン!
しかし、作品の多いことったらありゃしない💦

フェリーでの移動は?

共通乗船券は必要?

共通乗船券を購入すると

会期中、12の島のうち5島を結ぶフェリーが

3日間乗り放題!

購入すると、切符販売窓口に並ぶことなく乗船できます。

2日間以上瀬戸内に滞在する場合

島と島の移動が多くなる場合

共通乗船券を買うのがおすすめです。

料 金
大人(中学生以上):2,500円
小人(小学生)  :1,250円

会期中は本当に観光客がたくさんで

切符買うだけでも長蛇の列になっているので

共通乗車券があると移動もスムーズです♪

旅の途中で出会った方は直島で宿がとれず、

高松のホテルに宿泊して、高松を拠点として

共通乗船券で高松⇔直島2往復してて、

高松からまた別の島に移動予定ですって言ってました。

もうこれだけ船を活用するとなると

共通乗船券の元もとれてしまいますね。

購入方法について

こちらも作品鑑賞パスポート同様

コンビニ・各種プレイガイド・旅行代理店等で

引き換え券が購入でき

各島の案内所にて引換券または電子チケットの購入画面を

スタッフに提示して共通乗船券と交換します。

オフィシャルツアー

フェリーの時間や移動時間、

美術館での所要時間を考えながら

瀬戸内国際芸術祭の予定を考えるのが

めんどくせぇ┐(´д`)┌ヤレヤレと思ってしまう方には

ツアーもありますよ。

オフィシャルツアー

2019年の新規作品を中心に鑑賞しながら、

チャーター船で島々を巡るガイド付きツアーです。

すべて高松港発着ですが、

方向音痴、フェリーの時間を考慮して旅行プランを

立てるのが苦手な方はツアーで観光すると安心ですね。

公式サイトのツアーは7コースあって9800円~14800円の

予約制です。

カスタマイズツアー

瀬戸内国際芸術祭サポーター「こえび隊」による

カスタマイズツアーができるんです。

こえびガイドでは

ご希望に合わせたプランを作成
おすすめの場所やコースを提案
食事場所、島内の移動手段や船(定期船、チャーター船)の提案
当日のこえびガイドの案内

参加者1名~15名まで受け付けてくれるので

小人数でも団体旅行でもOK。

こえびガイドさんの助っ人があれば

無茶な計画にならないし、

土地勘がなくてもプランが立てやすいですし、

なによりも地元の人の特別情報が聞けたり、

交流ができるもうれしいですね!

 icon-external-link こえびガイド

地中美術館・豊島美術館に行く場合は

香川に行ったら、ぜひ行きたいスポット、

地中美術館に豊島美術館☆

直島にある地中美術館、

豊島にある豊島美術館はとても人気!

すっごく混雑してましたがいい場所でした~♪

地中美術館は予約のみ

地中美術館は予約制(オンラインチケット制)になったので

地中美術館に行きたいと思っている方は

事前に公式サイトで予約が必要です!!

当日フラフラと予約なしで行っても

混雑時期は入館させてもらえません。

オンラインチケットを購入しておくことを忘れないで!

日時指定で予約も15分刻みになってます。

豊島美術館

瀬戸内国際芸術祭の期間中は

豊島にある「豊島美術館」も

オンライン予約ができます。

混雑時には整理券を配布していて、

整理券がないと入館できないことも。

行く予定の方は予約しておきましょう!

ちなみに豊島の「檸檬ホテル」も

オンライン予約しないと見学できません。

まとめ

まずは

行きたいスポットを厳選

フェリーの運行時刻を確認

作品鑑賞パスポートや共通乗船券、

宿泊先の確保

予約が必要なスポットに行く場合はチケットの予約を

してくださいね!

瀬戸内国際芸術祭に行ってみて ここは注意しておいた方がいいよ こんな様子だったよと思う点を まとめてみました。 せっかく3年に1度の瀬戸内の芸術祭だもの。 心残りなく楽しみたいですもんね! これから瀬戸芸 鑑賞予定の方、 注意事項を参考になさってくださいね
瀬戸内海 直島の地中美術館と ベネッセミュージアムは いつか行ってみたかった場所で、 ちょうど3年に1度の瀬戸内国際芸術祭も 開催されているタイミングだったので ダブルでの念願が叶いました。 直島での移動や周り方、見どころなど まとめました!
豊島は、「てしま」と読み、 ちょうど直島と小豆島の間に挟まれ、 岡山県からも香川県からも 瀬戸内海にむかって真ん中に位置している 面積14.5m²、人口約800人の島です。 2010年には豊島美術館をはじめとする 現代アートの施設もでき、 国内外から多くの方が訪れています。 特に瀬戸内国際芸術祭の期間中は 小さな島が大勢の観光客が。 昔、産業廃棄物の不法投棄があったなんて 信じられないくらい緑や海が きれいな島でしたよ! 豊島のアクセスや移動方法を まとめました!
直島に続き、豊島に足を延ばします。 豊島に着くまで「としま」と読んでいて 現地で初めて「てしま」と読むと知った 豊島ビギナー。   面積14.5㎡、人口約800人の島ですが、 豊島美術館をはじめ豊島横尾館など 見どころたくさん!   豊島のアクセスや移動方法や周り方、 失敗談を含め こんなことは気をつけた方がいいよ!という 注意項目や見どころなど まとめました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする